レスポンシブ対応中のため、PCにて下記閲覧環境でのご確認をお願い致します。ブラウザサイズ:横 1400px 以上 縦 900px以上

全国中学校体育大会

中学校教育の一環として中学校生徒に広くスポーツ実践の機会を与え、技能の向上とアマチュアスポーツ精神の高揚をはかり、心身ともに健康な中学校生徒を育成するとともに、生徒相互の親睦をはかるため、昭和54年の文部省通知により始められた大会。

開催地紹介

福島県

  • 福島市

    「実・湧・満・彩(みわくまんさい)福島市」へようこそ

    「実・湧・満・彩(みわくまんさい)福島市」は、吾妻連峰に囲まれた福島盆地の中心に位置し、四季折々の自然の美しさが味わえる、温かい人情味あふれる福島県の県都です。
    「春の花見山」「紅葉のすばらしいスカイライン」「吾妻小富士の雪うさぎ」などの名所や「果物王国ふくしま」と言われるように、サクランボ、モモ、ナシ、ブドウ、リンゴなど、甘くておいしい旬の果物を一年中楽しむことができます。また、市内には「飯坂温泉」「土湯温泉」「高湯温泉」という歴史のある温泉が湧き出ており、多くの皆さまに親しまれています。
    この度、全国各地より選手・監督、関係者の皆さまをお迎えし、第49回全日本中学校陸上競技選手権大会を開催できますことは誠に喜ばしく、心より歓迎いたします。本大会が皆さまの心に残る、最高の舞台となりますようお祈り申し上げます。

  • 須賀川市

    長い歴史と新しい文化に出会える街、須賀川

    福島県の中央に位置する須賀川市は、国指定名勝の「須賀川牡丹園」や翠ヶ丘公園、釈迦堂川などを有する緑豊かな町です。県内でも最大規模の「須賀川市釈迦堂川花火大会」や420年以上の伝統を誇る日本三大火祭りの「松明あかし」などが開催されます。また須賀川市は「特撮の神様」と呼ばれている、円谷英二監督の出身地です。これが縁となり、2013年5月5日に、須賀川市とウルトラマンの故郷「M78星雲 光の国」は姉妹都市となりました。本大会、会場入口には1964年東京オリンピックマラソン銅メダリストである「円谷幸吉メモリアルホール」が設置されていますので是非ご覧下さい。
    今回、全国各地より選手、監督、役員、応援の皆さまをお迎えし、第53回全国中学校柔道大会が開催できますことを関係者一同、心より歓迎申し上げます。本大会が、皆様の心に残る、最高の舞台となりますようお祈りいたします。

宮城県

  • 利府町

    ようこそ、利府町へ。

    利府町は、宮城県の中央に位置し、杜の都仙台市に隣接しています。町内にICが4つ、JR駅が3つある好アクセスの町です。古くは縄文時代から人々の生活の場となっており、奈良・平安時代には陸奥国府多賀城に、江戸時代には仙台城下と隣接していたこともあり、古来より交通の要衝として栄えてきました。
    山、海の大自然に囲まれ、特産品である『利府梨』は明治17年から栽培が始まり、130年余りの歴史があります。また、町の東部には日本三景松島の一角をなす海があり、海産物もおススメです。
    本町はこの先10年の目標として「もっと先へ、チャレンジ利府!~みんなの夢がかなうまち~」を掲げ、未来を担う子どもたちのために、新たなまちづくりにチャレンジしています。
    ここ利府町において「第62回全国中学校水泳競技大会」並びに「第53回全国中学校体操競技選手権大会」が開催され、全国各地から多くの選手や関係者の皆様をお迎えできることを、関係者一同心より歓迎いたします。本大会に関わる皆さまの一層の御健勝と御活躍を心よりお祈り申し上げます。

北海道

  • 札幌市

    ようこそ「時計台の鐘が鳴る街」札幌市へ

    札幌市は北海道の道央地方に位置し、人口約197万人を有する日本最北の政令指定都市であり、北海道の行政・経済・文化の中心地でありながら、豊かな自然に囲まれた都市です。昭和47年(1972年)にはアジア初となる冬季オリンピックが開催され、現在では多くのプロスポーツの本拠地となっており、スポーツが盛んな街です。多様な食文化も魅力の一つで、「ジンギスカン」、「みそラーメン」、「スープカレー」など、たくさんの味を楽しむことができます。
    令和4年8月には札幌市制施行100周年を迎えます。記念すべき年に第44回全国中学校軟式野球大会、第52回全国中学校バスケットボール大会を札幌市で開催し、大会に参加される皆様をお迎えできますことを大変喜ばしく思います。本大会に参加される全国の皆様にとって、感動と交流の輪が広がる思い出深い大会となりますようお祈り申し上げます。

  • 函館市

    ようこそ「潮風に歴史浪漫が薫る街」函館へ

    函館が一躍歴史の表舞台に登場したのは1859年の箱館開港。西洋文化をいち早く取り入れてハイカラな生活が広まり、エキゾチックな街並みが形成されました。独特のモダンでレトロな雰囲気は、そのまま現在に残っています。人口は25万人余りの都市で、津軽海峡、太平洋、噴火湾の三つの海の恵みを受け、西からは対馬海流(暖流)、東からは親潮(寒流)が流れ込み、複雑な海岸線もあずかって豊富な漁場を形成し四季折々の海の幸が楽しめます。また、函館では、盛り土遺構が特徴の垣ノ島遺跡、大型竪穴建物跡のある大船遺跡などで、豊かな精神文化をもっていた縄文人の生活を今に伝えるのが、「北海道・北東北の縄文遺跡群」。ユネスコの世界文化遺産に登録されて、世界から注目が集まっています。
    この度、全国各地から激戦を勝ち抜いた選手、監督、関係者の方をお迎えし、第51回全国中学校ハンドボール大会が開催されますことを心より感謝申し上げるとともに選手の皆さんのご健闘をお祈りいたします。

  • 旭川市

    人が輝く 北の文化のかおるまち」旭川市へようこそ!

    旭川市は、北海道中央部に位置し、人口約34万人を有する道北の経済、産業、文化の中心都市です。夏37.9℃、冬−41℃を記録するなど年間の気温差が大きく、厳しい気候が織りなす明瞭な四季の風景は多くの人を魅力してきました。とりわけ、勇壮にそびえる「大雪山連峰」と美しい曲線をもつ「旭橋」が石狩川に映える姿は、都市と自然との調和を象徴しています。また、ペンギンやアザラシで有名な日本最北の動物園「旭山動物園」は月間入場数日本一を記録するなど旭川を代表する観光地です。他にも、「旭川ラーメン」、「新子焼き」などのご当地グルメや「地酒」「旭川家具」「旭川銘菓」なども人気があります。
     全国各地から厳しい予選を勝ち抜いた選手の皆さんをはじめ、多くの関係者の方々をお迎えし、第53回全国中学校ソフトテニス大会を開催できますことを大変喜ばしく思います。本大会が皆様にとって心に残る思い出深い大会になりますことを祈念いたします。

  • 苫小牧市

    産業と環境が共生するまち スポーツ都市 苫小牧へようこそ

    苫小牧市は国際拠点港湾である海の玄関「苫小牧港」と空の玄関「新千歳空港」のダブルポートを有し、鉄道、国道、高速自動車道などの交通アクセスにも恵まれた、北海道経済発展の大きな役割を担う産業拠点都市として発展してきた活気あるまちです。
    一方で、ラムサール条約に指定されている日本を代表する渡り鳥の中継地ウトナイ湖や溶岩ドームを持つ世界的にも珍しい三重式火山の樽前山があり、豊かな自然に囲まれたまちです。
    また、本市は雪が少ないことから、氷上スポーツが盛んとなり、幼児の頃からアイススケートに親しみ、市内には複数のアイスホッケーチームが存在します。
    全国各地から厳しい予選を勝ち抜いた選手の皆さんをはじめ、多くの関係者をお迎えし第53回全国中学校卓球大会を開催できますことは、誠に喜ばしく関係者一同より感謝申し上げます。参加される選手の皆さんの心に残る思い出深い大会になるようお祈り申し上げます。

  • 帯広市

    「とかち晴れ、フードバレーとかち」帯広市へようこそ!

    帯広市は、雄大な風景とおいしい食の宝庫「十勝」の経済とグルメの中心都市です。「食と農林漁業」を柱とする産業政策「フードバレーとかち」の旗印のもと、収穫された豊富な農畜産物を料理やスイーツなどで、大会期間中に味わっていただき、次の試合の糧としていただきたいと思います。また、帯広市は1988年に「健康スポーツ都市」を宣言しており、スポーツをする人はもちろんのこと、見る人や支える人も一緒にスポーツに親しむことで、にぎわいのあるまちづくりを進めています。  この度、第44回全国中学校ソフトボール大会が本市で開催され、全国各地から多くの選手や関係者の皆様をお迎えし開催できますことを関係者一同、心より歓迎いたします。全国の頂点を目指して全力で戦い、思い出深い大会となりますよう願うとともに、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

  • 釧路市

    「魅力あふれる自然と食に恵まれたまち」釧路市へようこそ!

    釧路市は北海道東部、太平洋岸に位置し、「釧路湿原」「阿寒摩周」の二つの国立公園を有する魅力あふれる自然に恵まれたまちです。国の特別天然記念物である「タンチョウ」や「阿寒湖のマリモ」など貴重な動植物とその生態が見られ、また、釧路港は日本有数の漁獲量を誇る水揚港であり、新鮮な海産物をはじめ農産物、独自の発展を遂げたグルメなどがあふれています。近年では、釧路の夕日の美しさが「世界三大夕日」と呼ばれたり、真夏でも冷涼な気候のため、避暑等を目的とした長期滞在地としても注目を集めたりしています。
    この度、第52回全国中学校剣道大会が本市で開催され、全国各地から多くの選手や関係者の皆様をお迎えし開催できますことを、関係者一同、心より歓迎いたします。全国の頂点を目指して全力で戦い、心に残る思い出深い大会となりますようお祈り申し上げます。

  • 福島町

    「海峡と横綱の里」福島町へようこそ!

    みなみ北海道(道南)に位置し、南は津軽海峡、北は広大な大千軒岳に囲まれた自然豊かな町“福島町”。手つかずの大自然が残る道南の秘境「岩部海岸」をはじめ、四季が織りなす美しい景観を楽しむことができます。豊かな海の幸にも恵まれ、スルメは日本トップクラスの生産量。第41代横綱・千代の山、第58代横綱・千代の富士の生誕の地、津軽海峡の海底を通る「青函トンネル」の町として知られ、小さな田舎町の奥深い伝統文化を、町民が大切に守り続けております。
    この福島町において全国各地から選手・監督・関係者の皆様方をお迎えし、第52回全国中学校相撲選手権大会が開催されますことを関係者一同、心より歓迎申し上げます。
    開催地の福島中学校の生徒が協力し作り上げる土俵で、日頃練習してきた成果を存分に発揮され、思い出に残る素晴らしい大会になりますよう、お祈り申し上げます。

山形県

  • 鶴岡市

    「伝統と文化をつむぐ悠久のまち」鶴岡市へようこそ!

    鶴岡市は、第19回全国中学校サッカー大会の開催地であり、本大会は34年ぶり2回目の開催となります。東北で一番広い市で、古くは城下町として栄え、山・平野・川・海に抱かれた豊かな自然環境のもと、ユネスコ食文化創造都市にも認定された食材と食文化の宝庫です。昔からの趣のある街並みや、日本の原風景が残る地域として評価され、映画のロケ地として利用されます。さらに鶴岡市には全国最多となる3つの日本遺産があり、山(出羽三山)、里(サムライシルク)、海(北前船寄港地)の魅力あふれる遺産は、本市の豊かな歴史や文化に触れることができます。

  • 庄内町

    「人と自然が輝き合う いきいき元気なまち」庄内町へようこそ!

    庄内町は、庄内地方のほぼ中心に位置する町で、湯殿山、羽黒山とともに出羽三山をなす月山の山頂を有する町です。清流が田を潤しその恩恵を受ける庄内町は、日本一おいしいお米のふる里で、コシヒカリやつや姫など現在の良食味米のルーツとなる「亀ノ尾」発祥の地でもあります。古くから続く酒蔵など情緒あふれる街並みが残されている余目エリア、田園に立ち並ぶ風車群と風を活かした町づくりを進めている狩川エリア、数多くの名所・旧跡が残る歴史の里である清川エリア、月山を水源とする全国屈指の清流をもつ立谷沢エリアなど、特色ある様々な魅力があります。

  • 三川町

    「あふれる笑顔 ハートフルタウン」三川町へようこそ!

    三川町は、四季折々の豊かな表情をもつ田園に囲まれた美しい町です。山形県の日本海側・庄内地方のど真ん中に位置します。広々とした田園の町、三川町の地形は起伏がなく、鳥海山や月山などの美しい山々をはるかにのぞむ景色には、心も晴れ晴れとします。地理的・社会資本的条件が整い、庄内地域における広域的な行政・経済・情報機能が集積する都市的機能が集約された町でもあり、町民一人ひとりが未来に希望をもちながら輝き、物心両面の豊かさを感じることができるまちづくりを進めています。自然との共生、人とのかかわりを大切にする三川町です。

  • 酒田市

    「共に創る公益のまち 未来創造都市」酒田市へようこそ!

    酒田市は、北に出羽富士「鳥海山」、南に古からの信仰の山「出羽三山」を望み、山形県の母なる川「最上川」が肥沃な「庄内平野」を育み、西の「日本海」に注いでいます。豊かな土壌と日本海の海の幸に恵まれた日本有数の米どころで、庄内米や地酒も全国的に知られています。古くから日本海の海上交易と最上川の舟運の要として発展してきました。開港から500年を迎えた「酒田港」は北前船が往来する物流の拠点として発展し商業活動が活発になり、華やかで自由闊達な湊町文化が形成され、現在も上方との交流のなごりが言葉や食べ物、文化の中に残っています。

岩手県

  • 北上市

    「きらめく北上 水と緑豊かな文化・技術の交流都市きたかみ」へようこそ

    北上市は、美しい田園地帯が広がり、西に奥羽、東に北上山系の美しい山々が連なる魅力あふれる街です。また、みちのく三大桜名所「展勝地」の美しい桜並木や四季折々の花々に囲まれた自然豊かな土地で、「北上・みちのく芸能まつり」で披露される「鬼剣舞」は、勇壮な踊りの伝統芸能です。
     スポーツにおいては、2016年に開催された「希望郷いわて国体・希望郷いわて大会」を無事成功できましたことは誇りとなっています。また、ボクシング世界3階級王者の八重樫東さん、漫画「ドラゴン桜」の作者の三田紀房さんなどの多方面で活躍する人材を多く輩出し、スポーツ・文化面において多くの人を育んでききました。
     このたび、全国からの選手・関係者の皆様をお迎えして「第53回全国中学校新体操選手権大会」が開催できますことを関係者一同、心よりお慶び申し上げます。そして、本大会が皆様の心に残るすばらしい大会になりますことを祈念申し上げます。

秋田県

  • 秋田市

    「はずむ!スポーツ都市あきた」へようこそ

    秋田市は、秋田県のほぼ中央部に位置し、東には霊峰太平山を擁する出羽山地、西には夕日の美しい日本海が広がる、緑豊かな公園都市です。東北地方では、仙台市に次ぐ人口規模の県庁所在地であり、古くから米どころとして名高く、おいしいお酒の産地としても知られています。また、平成19年の秋田わか杉国体の開催を機に「はずむスポーツ都市」を宣言し、「健康」「感動」「協力」を合い言葉に、市民が生涯にわたりスポーツを通じて健全な心身を育むことができる、健康で明るく活力あるまちづくりを進めています。
    こうした中、全国各地から激戦を勝ち抜いた選手、監督、関係者の皆様をお迎えし、第52回全日本中学校バレーボール選手権大会を開催できますことは誠に喜ばしく、心より歓迎申し上げます。日頃の練習の成果を存分に発揮され、本大会に関わる全ての方々にとって心に残る素晴らしい大会となりますようお祈り申し上げます。

  • 由利本荘市

    「人と自然が共生する躍動と創造の都市」 由利本荘市へようこそ

    由利本荘市は、秋田県南部に位置し、県最大の面積を誇る自然豊かな市です。「出羽の富士」と親しまれている霊峰「鳥海山」、その鳥海山を水源とする「子吉川」、白浜と夕日が美しい「日本海」を有し、山、川、海が織りなす四季折々の風景が人々を魅了しています。本市は、このような自然環境に育まれた歴史や伝統とともに、魅力ある新しいまちづくりを推進しております。また、平成28年度に「スポーツ振興まちづくり条例」を制定し、市民が自ら積極的にスポーツに親しむ、市民が主役の「スポーツ立市由利本荘」を宣言し、豊かなスポーツライフの実現を目指しております。この度、全国各地から選手、監督、関係者の方々をお迎えし、第52回全日本中学校バレーボール選手権大会が開催できますことを関係者一同、心より歓迎いたしま す。選手の皆様が日頃の練習の成果を存分に発揮され、心に残る思い出深い素晴らしい大会になることを御祈念申し上げます。

青森県

  • 弘前市

    「お城とさくらとりんごのまち」弘前市へようこそ

    「お城とさくらとりんごのまち」弘前市は、青森県の南西部に位置し、弘前藩10万石の城下町として栄えた歴史と伝統・文化のある街です。春は日本有数とも称えられる弘前公園のさくらとりんごの花が街を彩り、全国から多くの観光客が訪れます。夏は弘前ねぷた祭りが開催され、扇ねぷた数十台が中心街を練り歩く様は圧巻です。秋は、岩木山や弘前公園の紅葉が街を彩り、郊外に広がるりんご園では、赤く色づいたりんごがたわわに実ります。冬は厳しい寒さと雪が街を白一色に染めます。このように四季の移り変わりを楽しめる風土に加え、買い物や生活に便利な市街地での暮らしと田園風景が広がる自然豊かな暮らしの両方が楽しめる、非常に住みやすい街です。全国各地から選手・監督・関係者の皆様をお迎えし、第52回全国中学校バドミントン大会が開催できますことは、誠に喜ばしく、心より歓迎申し上げますとともに、深く心に残る大会となりますようお祈り申し上げます。